著書


<はしがき>より
 我が国は、2005年に戦後初めて総人口が前年を下回り、人口減少時代に突入しました。
 総務省統計局(平成29年10月1日時点)によると、総人口は1億2670万6千人、15~64歳人口は7596万2千人で、前年に比べ60万人の減少となり、割合は60.0%で平成4年(69.8%)以降,低下を続けています。また、65歳以上人口は3515万2千人で、前年に比べ56万1千人の増加となり、割合は27.7%で過去最高となっています。
 中小企業にとって、少子高齢化に伴う生産年齢人口の減少及びその高齢化は、若年層の採用難や従業員の高齢化等といった雇用問題や、技能承継の問題、更には後継者不足による事業承継の問題も顕在化しています。
 また、経済のグローバル化による国際競争はますます激しくなり、さまざまな分野で高度な知識や技術を持つ人材獲得の必要性が高まっています。日本市場だけでは大きな成長が見込めないことから外国人社員を雇用して海外に進出する企業も増えてきました。
 政府は、「経済財政運営と改革の基本方針2018~少子高齢化の克服による持続的な成長経路の実現~」(骨太方針)で、「女性活躍の促進」、「高齢者雇用の促進」、「障がい者雇用の促進」による多様な人材の活用、技術革新によるAIやロボットの活用に加え、新たな外国人材の受け入れ拡大のため、移民政策とは異なるものとして、新たな在留資格を創設することを発表しました。また、外国人留学生の国内での就職活動を円滑化させるため、在留資格に定める活動内容の明確化や、在留資格変更の手続き負担の軽減など卒業後の活躍の場を広げる方針を示しています。
 本書は、『ある日突然、外国人採用担当に任命された担当者の虎の巻』をコンセプトに、初めて外国人を直接雇用する企業の担当者などが知っておかなければならない出入国管理及び難民認定法の知識や手続き、採用・募集から受け入れ後の労務管理までをわかりやすくまとめました。
 本書が、外国人雇用の実務に関わる方々の参考になれば幸いです。

                               2018年8月 

                           行政書士 山本貴昭


◆オンデマンド (ペーパーバック)
 出版社: デザインエッグ社
 ISBN-10: 4815006830、ISBN-13: 978-4815006839
◆Kindle版
 販売: Amazon Services International, Inc.
 ASIN: B07G2BV4N9