パスポート認証

パスポート認証

 留学、転勤あるいは資産運用などで海外の現地の銀行や証券会社に口座を開設する場合、必ず要求されるもののひとつが「パスポートのコピー」です。申込のあった金融機関としては、「申込者の所持するパスポートなのか?このパスポートコピーが本物なのか?」と不安、疑念があります。
 そこで、申込者の所持するパスポートであり、本物のパスポートコピーであることを第三者が証明するのが「パスポート認証」です。

 具体的には、国家資格を持った第三者が、パスポートの所持人の本人確認を行った上で「このパスポートの写しは本物である」旨を英文で記載し署名押印した書類です。日本では行政書士または弁護士が認証を行います。(外務省や公証人は公文書のコピーは認証できないことになっています)

パスポートコピー認証が必要となる場合
 ・外国の金融機関(銀行、証券会社等)における口座開設
 ・外国のクレジットカード申し込み
 ・外国における会社設立及び役員就任
 ・海外居住(留学)のためのビザ申請 など

パスポートコピー認証の注意点

「どこ(例.公証役場、外務省など)の」「どのような(公印確認、アポスティーユなど)」認証が要求されているのか、提出先に事前にご確認ください。
・提出先によっては、様式・書式が決まっていることがあります。ご自身で事前に提出先にご確認の上、ご依頼ください。
・提出先の金融機関によっては日本の国家資格者(行政書士、弁護士)によるパスポート認証を受け付けない場合があります。